「わたし色」の世界をイメージしてみる。

心理学

部屋の中に散らばった、しんどい感情の塊をさわってみる。

どれも大きくて

そのままだと今の私には動かせそうにない。

その中のひとつを、片手でつかめるくらいに小さく削ってみた。

持ってみると、冷たくて、少し重たい感じがする。

手に持っているそれを、きれいな水に浸してみる。

最初はなんの変化もなかったけれど

浸しているうちに

石みたいだった塊が、水分を含んで柔らかくなってきた。

汚れやくすみが取れ、ほんのりきれいな色も出てきている。

水分を含んだ、きれいな塊。

陽の光にあてていると、水分がとんで

今度は綿のような、羽のような…ふわっとした何かの繊維みたいになってきた。

他の塊は、どんな色になるのだろう。

削って、水に浸して、乾かしてを繰り返し

いくつか窓際に並べてみた。

いろんな色がふわふわと並んでいる。

キラキラしているのもある。

きれいだなぁ…。

*******

わたしは

夢中になって、小さな塊をいくつも削っていたらしい。

窓際にきれいな色が並んだ分、

大きなしんどさの塊が小さくなって、部屋が広くなっていた。

せまいと思っていたわたしの部屋にスペースができた。

なんとなく思い立って

空いたスペースで、窓際のふわふわとした繊維のようなものを紡いでみることにした。

白い綿みたいなのや、透き通った水色の羽みたいなのや。

赤くって、麻のように太い繊維みたいなのもある。

いろんな色の糸が出来上がったら、これを布にしてみよう。

布になったら

カーテンにしようか、テーブルクロスにしようか

それとも、キラキラしたのばかりを集めてスカートを作ろうか。

*******

しんどいと思っていた感情の塊から

きれいな「わたし色」が生まれてきた。

今はカーテンや、スカートやブラウスに形を変えて、私の世界を彩ってくれている。

引き出しに大切にしまってあるのもある。

眺めると、しんどかった時の事を思い出すけど、つらくはない。

純粋に「ありがとう」と思える。

あの人の「わたし色」はどんなだろう。

今度聞いてみたいな。

画像1

コメント

タイトルとURLをコピーしました