やりたいことリスト100と、やらないことリストを作りました。

逆算手帳

年内にUPするつもりが、年があけてしまいました。皆さま、今年もよろしくお願い致します。

さて、早速ですが…今年の手帳は夢の実現に向けて逆算手帳を購入しました。

逆算手帳についてはこちら↓

この手帳には「使い方ガイド」が付属していますが、より上手に使いこなしたい人のために無料メール講座(メルマガ)もありました。

1日1ステップ×30日で完了できるようになっているのと、使い方ガイドには書いていないアドバイスなども盛り込まれているので、初心者の私にはとても助かります。

本来ならば昨年のうちに書き終えておきたいところでしたが、実は取りかかってまだ2日目…。

ひとまず、やりたいことリストが完成したので元旦のめでたい日にお披露目です☆

やりたいこと100個って…どう書くの?

目標を立てて行動するのが苦手な私。「やりたいことリストを100個も書くのはハードルが高いなぁ…」と思って取りかかるのが遅くなりましたが、書き方を工夫したら1時間もかからずできました〜。

「夢リスト」「やりたいことリスト」などで検索。他の人のリストを見て自分がイイなと思ったものを取り入れる

前述しましたが、目標を掲げるのが苦手なので他の人のリストをかなり参考にしました。

やりたいこと、行きたい所、欲しいものetc…分けて考える

100書こうと思うとツラい。というわけで、私はこんな感じで5つに分けて考えました。

画像1

色分けはしなくてもいいのですが、視覚重視の私は色をつけた方が気分が乗って進めやすかったです。90個くらいリストの下書きをしてから清書し始めたのですが、清書している時に「あ、あれも!」と浮かんで追加したものもありました。

1つの項目で20個ずつくらいなら、ちょっと頑張れば書ける。無理に100書けなくてもいいかなと思って清書したので98個で止まっています。残り2個ならすぐ埋まりそう。書き慣れている人はページを継ぎ足して100以上書いているそうです。すごいなぁ。

行き詰まったら「やりたくないこと」を考えてみると、やりたいことのヒントになる

メール講座によれば、「やりたくないこと」は

 1.(ポリシーとして)やりたくないこと
 2.本当は嫌なのにこれまで我慢していたこと
 3.やらないと決めたこと

の3つで考えると書きやすいそうです。

私は、「気分の乗らない飲み会には行かない」というのが出てきました。これをやりたいことに変換して

「自分から人を誘って飲みに行く(年4回)」

「自宅でホームパーティーを開く」

「気軽に飲みに誘える女性の友人を3人作る」

という目標を立てました。(年4回とか3人とか控えめすぎじゃない?という突っ込みがあるかと思いますが、私にはなかなかのハードルです。汗)

やりたいことリストを書き終えて思ったこと

わたしって、望みが少ないのかもしれない。

いや…望みが少ないというか、日常のすぐに叶いそうなことはたくさん書けたのですが、大きな目標や夢となるとあまり思い浮かびませんでした。

リストを見返してみて、初めて根本さんのカウンセリングを受けた時に言われた

「持っているのがすごく小さいコップだから、少しの水が入っただけでたくさんもらった気になっている。もっと大きなコップを望んでいいんだよ?」

というのを思い出しました。

そういえば1年前くらいに友人と夢の話をしている時にも「慶ちゃんの夢って今すぐ叶いそうなのばっかりだよ!」と突っ込まれた記憶が。多くを望んじゃいけないと思っているみたいですね。

辛かった時代の影響で、〝少しの幸せがごちそう〟的感覚な私。

結構手放したと思っていたけど、まだまだ上を目指していいんだね。

もうひとつの気づきは、全部進行形で書いてしまったということ。「◯◯しました」というアファメーション形式にすればよかったという後悔。何度もセミナーでそういう書き方を学んでいるのに忘れた〜!ポンコツ〜!

やりたいことリスト、おススメです♪

今回、久しぶり手帳にたくさん書き込むということをしましたが、色を付けたりマスキングテープで囲ったりしたので眺めるだけでもカラフルで楽しいリストが出来上がりました。

「やりたいことリスト」や「やらないことリスト」を書き出すのは逆算手帳を持っていなくてもできるのでおススメです。私みたいに無意識のパターンにも気づけるかもしれません。

画像2

リストの中身は恥ずかしいのでボヤかしました♡

三日坊主にならないよう、逆算手帳の取り組みはこうしてシェアしていこうと思います。引き続き楽しみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました