理想のパートナーはどんな人がいい?書き出すコツは「感謝」と「尊敬」

運命の相手に出逢うためのステップ

前回の記事、たくさんの方に読んでいただいているようです。ありがとうございます☆

今日は補足的な感じになりますが、「理想の結婚」や「理想のパートナー」を考える時にこんな視点で考えるといいよ!というコツを記しておきますね。

男女関係なく、今パートナーがいる方にも取り組める内容です。

◆好きなタイプを聞かれたら、どんな風に答えますか?

「どんな人が好き?」と友人に聞かれたとして、あなたならどんなことを思い浮かべますか?

昔の私は…

・顔が小さい人
・ムダ毛が薄い人
・ガッチリよりはスラっとした人
・佐藤健くんとか松坂桃李くんとかディーン様みたいなイケメンで…

などなど。見た目に関することばかりが上位候補に挙がっていました。

もちろん外見もリストに入れて構わないのですが、理由としては弱いんですよね。見た目は年齢と共に変化してしまいますからね。

中身の優先リストを持っていないというのは、自分の恋愛スタンスが定まっていないようなもの。

お付き合いした後に「思っていた人とちょっと違った…」なんて思っても、好きだからというふんわりした理由で受け入れてしまうこと、ありませんか?

私はありました!笑

人生色々あって どん底生活(?)に慣れていたので忍耐強かったし、幸せじゃない状況から幸せを探し出すのが得意だったんですよね…。

苦行好き♡…笑

相手に合わせた恋愛は、やがて無理がきます。

それなのに、自分が「どんな恋愛を望んでいるか」ということに耳を傾けていないので、無理していることに気がつけない。

心も身体も(財布も!)どんどん擦り減ってしまいます。

✳︎✳︎✳︎

◆ステキな人に来てもらうための恋愛看板作り

「理想のパートナーリスト作り」って、つまりは「私の恋愛看板作り」です。

あなたの恋愛はフレンチ(姫タイプ)なのか、イタリアン(情熱タイプ)なのか、和食(穏やかタイプ)なのか。

座席自由のフードコート状態では、いい人はなかなか来ないし、来ても出入り自由だからすぐ他のお店(女性)に流れてしまいますよー。

理想にあった人が来店してくれるシステムを取り入れるつもりで、恋愛の看板をしっかりデザインしましょう!

✳︎✳︎✳︎

◆感謝ポイントを探す

考えたいことその1は、パートナーが自分にしてくれたら嬉しいなぁ!ということを中心に考えます。

・LINEや電話の連絡がマメで、絵文字やスタンプも使ってくれる。
・お姫様扱い(大切に)してくれる
・たまに料理を作ってくれる
・毎日愛の表現をしてくれる(ハグしたり、好きと言ってくれる)etc…

この感謝ポイントは「あなたをどのように愛すればいいのか」がたくさん書かれることになります。

つまりこのリストの充実させることは、受け取り上手や愛され上手への道にも繋がっていきます。

✳︎✳︎✳︎

◆尊敬ポイントを探す

考えたいことその2は、パートナーの在り方に関する部分です。

・仕事に情熱がある
・友人が多く、人望がある
・弱者を大切にする
・好きなこと、嫌いなことの意思表示がはっきりしているetc…

これは自分に対してどうかということとは別の、彼のキャラクター部分を見ます。

パートナーシップを築く上で、必ず波はあります。彼が忙しくて構ってもらえない、最近マンネリになってきた…とか。

尊敬ポイントがたくさんあると、喧嘩してしまった時や、ふたりの間に問題が出てきた時に支えとなってくれます。

✳︎✳︎✳︎

◆分類してうまく書けない場合や、書けるけどしっくりこない時は…

「感謝」と「尊敬」って言われても、うまく分類できないなぁ…。

という場合もあるかと思います。まずは思いつくまま付箋に書いていって、あとで分類するというやり方で構いません。

✳︎✳︎✳︎

また、

「感謝と尊敬については書けるけど、幸せな恋愛にめぐり合いません!」

という方もいるかもしれません。

↑自分の気持ちを我慢しがちな方、とても優しい方に多い気がします。

リストに、これだけは嫌!これは許せない!というあなたのNGポイントを加えてみてください。

幸せな恋愛・結婚が叶わない場合、自分と相手とのバランスが取れていないことがあるのです。

否定的なことを書くのに抵抗感が出るかもしれませんが、

NOを決めるのは自分を大切にすること。自分の生き方に責任を持つこと

そんな意識で取り組んでみてくださいね。

✳︎ ✳︎ ✳︎

◆あなたのお悩みを募集しています◆

桐山にこっそりお悩み相談したい方はこちらへどうぞ。ブログ内で回答させていただきます。

ひっそりと、あなたのお悩みを募集します。
お弟子の宿題で出されているケーススタディ(クライアントの悩みに文章で答える課題)が終わっておらず、それを言い訳にお悩み募集に取り組んでいなかったのですが、言い訳を並べていましたら夫に喝を入れられました。「お弟子制度に申し込みたいと言った時の

コメント

タイトルとURLをコピーしました