【ご感想】回復のどの段階にいるのか、問題をどのように捉えているのかを短い言葉で的確に掴むことのできる方だと思いました。

ご感想

Tさん(30代・男性)より、対面セッションのアンケートにご回答いただきました
※セッションは3月に実施

✳︎ ✳︎ ✳︎

◆今回モニターセッションに応募した理由を教えてください。

過去に仕事上で対人トラブルがあり、人との関わり合いに疲れを感じる状態が何年も続いていたため。

以前の外交的な自分にもう一度戻るきっかけが必要だったため。


◆根本さんの弟子が何人もいる中、桐山を選んだ理由があれば教えてください。

SNSで発信する情報量が多く、カウンセラーとしての信念が分かりやすかったから。

情報発信の内容が上からものを言う訳ではなく下から媚びる訳でもない、表現のバランスの良さが本人の考え方を表していると感じたため。

SNSの中にあった「自分に力がないと感じる時の方が、相手の話をよく聞けて結果的に良いカウンセリングになっている」という趣旨の表現を読んで、正直で謙虚な方だと思ったので。


◆セッションを受けてみていかがでしたか?(セッション中に感じたことや、受ける前後で気持ちの変化などがあればご記入ください。)

「前に進んでいく力が(回復していく上での)男性の特徴である」という表現は分かりやすく励みを得られるものでした。

自分に起こった感情の変化として、過去に起きた事柄は過去のことであり、今の自分に影響を与えるものではないことを次第に理解し始めているように思います。

私の相談内容は専門外だったようですが、人の根底の心理は共通なので心配はない、とカウンセリングの最初に説明し安心させてくださいました。基本的な人としての度量がある方だと感じました。

また、こちらが回復のどの段階にいるのか、問題をどのように捉えているのかを短い言葉で的確に掴むことのできるスキルの高い方だと思いました。


◆桐山の印象はいかがでしたか?

私の話はかなり論理を欠いていたと思いますが、その度に一喜一憂したり訂正したりすること無く、よく傾聴してくださる方だと思いました。

こちらの会話を急がせたり焦らせたりすることなく、穏やかな対応に終始している所に人として敬意を感じました。

また会話の合間に短い質問をして方向づけをしたり、こちらが無意識の内に考えていることに気付かせるカウンセリングのスタイルはとても助けになりました。


◆桐山のセッションはどんな方にオススメできると思いますか?

自分の抱えている悩みの問題点が分析できなくなっている人。

人を信じられなくなっている人。

✳︎ ✳︎ ✳︎

お申込みの段階から丁寧なメールをくださり、どんな方なのだろう?と想像を膨らませておりました。

優しい色合いのジャケットがとてもお似合いだったのと、言葉一つひとつを丁寧に選びながら話されていた姿が印象的でした。

私のことを「謙虚」「誠実」とおっしゃってくださいましたが、Tさんこそ!という感じです^^
あれ?おかしいな。「慶ちゃんが謙虚?どこが?」という声がどこからともなく聞こえてくる気が…

✳︎

女性に対してのカウンセリングは、自分に当てはめながら考えることができるのですが、男性へのカウンセリングで何を提供できるのか…私自身がまだよく掴めておりません。

心の動きとしては変わらないのですが、回復に有効なアプローチが少し違う気がするというか…(うまく言語化できず…)今後の課題です。

とはいえ「上手くやろう」「何かしなければ」と躍起にならず、自然体で話を聴いていくスタイルは大切にしていきたいと思います。

✳︎

Tさんが最後に、私のことをこんな風におっしゃってくださいました。

会話の端々に垣間見えましたが、桐山先生は本当は面白い(楽しい)方?なのだと感じました。

ありがとうございます!
笑ってもらうのが好きなので、どうやって笑ってもらおうか?と考えてしまいます^^

深刻さから抜け出すには「笑い」ってとても大切な要素です。

例えばにらめっこ。拮抗状態のあと、笑った瞬間にフッと緩みますよね。力の抜ける感じ。これが、もし笑わずに真顔をずーっと続けるとしたら疲れてしまいます。

心もずーっと怒りや悲しみに浸っていると疲れてしまいますから、緩める意味でもお笑いや面白い動画など見るのもいいと思います。(マッサージや温泉で外側から緩める方法もありますね)

✳︎

Tさんが毎日を楽しく過ごせますよう祈っています。
よかったら、またお話をお聞かせくださいね!

ありがとうございました♪

✳︎ ✳︎ ✳︎

◆現在募集中のメニューはこちら◆

平日夜の無料オンラインセッション♪21日以降はまだ若干の空きがございます^^

✳︎

◆ブログにてひっそりとお悩み募集もしております◆

ひっそりと、あなたのお悩みを募集します。
お弟子の宿題で出されているケーススタディ(クライアントの悩みに文章で答える課題)が終わっておらず、それを言い訳にお悩み募集に取り組んでいなかったのですが、言い訳を並べていましたら夫に喝を入れられました。「お弟子制度に申し込みたいと言った時の

あなたとのご縁を楽しみにしていますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました